國學院大學オープンカレッジ

特別講座(平成29年度)

平成26年度より実施している國學院大學オープンカレッジは、本年4年目を迎えます。4年前、全互協は儀式継創委員会を発足させ、儀式文化継承のための検討、儀式創新などに取り組み始めました。その具体的な方法の一つとして、また消費者にこうした取り組みを伝える方法として、國學院大學のオープンカレッジに協力して特別講座を開講したものです(互助会保証㈱・㈱冠婚葬祭総合研究所と共催)。昨年は少子高齢化社会における課題について講座を展開致しましたが、本年は「変わる社会 -これからのシニア世代」として、団塊の世代やその前後の世代を含めた人々がこれからの社会の中でどうあるべきか、豊かに暮らすにはどうしたらよいのかを探ってまいります。

※國學院大學オープンカレッジは、平成29年度より(一社)全日本冠婚葬祭互助協会から(一財)冠婚葬祭文化振興財団へ移管されています。平成27年度までは関連リンクより(一社)全日本冠婚葬祭互助協会をご覧ください。

講座名
変わる社会 -これからのシニア世代-
共催
一般財団法人冠婚葬祭文化振興財団・互助会保証株式会社・株式会社冠婚葬祭総合研究所
講座内容

 日本人の寿命は延び、平均寿命は男性が約81歳、女性が87歳となりました。私たちはシニアの長い時代を生きています。
 かつては「隠居」といって、一線を退いてそれまでの人間関係や俗世から離れ、山野に隠れ住むような習慣がありました。しかしながら現代の日本社会では、新たな領域や可能性にチャレンジするシニア世代も少なくありません。一方で、体力の衰えや、家族構造の変化によって、従来当たり前とされてきたことがそのままできないと感じる機会もあります。
 変わる社会の中で、シニア世代がこれから迎えるさまざまな問題を、いくつかの視点から取り上げて考えたいと思います。シニア世代がより豊かに暮らしていくためにはどうしたらいいのか、儀礼文化を通して考えます。

講座日程・内容
講座日程 14:30~16:00
1 5月19日(金) 「死」とどのように向き合えばいいのか‐変りゆく日本人の死生観‐ 国立歴史民俗博物館
民俗研究系 准教授 山田 慎也
2 6月16日(金) 独居問題と高齢者の暮らし方 フリーランスライター
生活アドバイザー 石川 由紀
3 7月14日(金) 地域医療・在宅医療のこれから ―介護と向き合うヒント― 介護ジャーナリスト
介護福祉士 小山 朝子
4 10月20日(金) 団塊世代は高齢社会を変えるのか ㈱博報堂新しい大人文化研究所
所長 阪本 節郎
5 11月17日(金) シニア年代と豊かさ(儀礼文化の面から) 國學院大學教授
副学長・教授 石井 研士
コーディネーター
石井研士 國學院大學教授・博士(宗教学)・副学長(専門分野:宗教学・宗教社会学)
司会進行
松本昌子 國學院大學神道文化学部学務補助員
お問合せ先
一般財団法人冠婚葬祭文化振興財団 事務局
Tel:03-3500-4211  Fax:03-3500-4212
國學院大學エクステンションセンター
〔受付時間〕月~土曜日 9時~17時(除く祝日・大学行事日)
Tel:03-5466-0270  Fax:03-5466-0528
URL  http://www.kokugakuin.ac.jp/eq
國學院大學オープンカレッジとは

このたび支援・協力させていただく「國學院大學オープンカレッジ」は年齢・性別・学歴等を問わず、すべての方々に解放し、人生をより豊かな、充実したものにするための一助となることを願い、平成4年に7講座で産声を上げました。26年目となる今年度は特別講座「変わる社会 -これからのシニア世代-」を始め、文学・歴史・民俗学や書道など53講座が用意されています。

出演者プロフィール(敬称略)

  • 山田 慎也 (やまだ しんや)

    国立歴史民俗博物館 民族研究系 准教授
    1968年、千葉県生まれ。国立歴史民俗博物館准教授および総合研究大学院大学准教授を併任。社会学博士。専攻は民俗学。葬送儀礼の近代化と死生観の変容を主な研究テーマとする。1992年、慶応義塾大法学部法律学科卒業。1997年、慶応義塾大大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学後、国立民族学博物館COE研究員、国立歴史民俗博物館民俗研究部助手を経て、平成19年8月に現職となる。
    単著に『現代日本の死と葬儀 葬祭業の展開と死生観の変容』(東京大学出版会)、共編著に『変容する死の文化 現代東アジアの葬送と墓制』(東京大学出版会)、『冠婚葬祭の歴史』(水曜社)、『近代化のなかの誕生と死』(岩田書院)などがある。

  • 石川 由紀 (いしかわ ゆき)

    フリーランスライター・生活アドバイザー
    1990年に「単身けん」(ひとりで生きるために、単身者の生活権を検証する会)が発足し、27年間事務局長として会員の様々な困りごとに関わり、解決の道を探ってきた。
    企画会社及び食品流通会社経営の傍ら、生活アドバイザーとして執筆・講演活動をしてきた。
    教育関係・女性問題・生活関連の各市民団体で世話人としての活動歴も40年を超える。

    著書
    「なぜか誰も教えない 60歳からの幸せの条件」情報センター出版局(2004.9)
    「老後を豊かに生きる ひとり暮らし安心術」 情報センター出版局(2008.8) 他多数

  • 小山 朝子(こやま あさこ)

    介護ジャーナリスト/介護福祉士
    東京都生まれ。20代から約10年にわたり洋画家の祖母を介護。当事者・ジャーナリスト・介護職の視点から執筆するほか、各地で講演。ラジオNIKKEIの番組レギュラー出演をはじめ、テレビ、雑誌などを通じて、独自の論を展開している。「ワーク介護バランス」(全3巻)ほか著書多数。
    現在、日本在宅ホスピス協会役員、高齢者アクティビティ開発センター講師・評議員、東京都福祉サービス第三者評価認証評価者、All About(オールアバウト)「介護福祉士」ガイドなどもつとめる。
    2017年、『小学生からの介護マニュアル(仮)』(講談社)を刊行予定。

  • 阪本 節郎 (さかもと せつお)

    株式会社博報堂 新しい大人文化研究所 統括プロデューサー
    1975年早稲田大学商学部卒業。(株)博報堂入社。食品・トイレタリー・自動車・OA・金融等のプロモーション企画実務を経て、プロモーション数量管理モデル・対流通プログラム等の研究開発に従事。その後、商品開発および統合的な広告プロモーション展開実務に携わりつつ、企業のソーシャルマーケティングの開発を理論と実践の両面から推進。地域社会・NPO・環境・高齢者・教育サイトなどのテーマに取組む。2000年エルダービジネス推進室開設を推進し、2011年新しい大人文化研究所を設立、所長を経て現在に至る。企業映像フェスタ経団連会長賞(最高賞)(1997年)、「消費者のためになった広告」銀賞(1999年)受賞。「少子高齢社会と生活者の意識変化・動向変化」を専門領域としている。
    著書に「巨大市場『エルダー』の誕生」(プレジデント社2003年7月、共著)、「団塊サードウェーブ」(弘文堂2006年1月)。「団塊の楽園」(弘文堂2007年2月、共著)など。

  • 石井 研士 (いしい けんじ)

    國學院大學教授・副学長
    都立小石川高校を経て東京大学文科Ⅲ類へ入学。
    専門課程は宗教学宗教史学科へ。東京大学人文科学研究科宗教学・宗教史学専攻へ進学。
    その後、東京大学文学部助手、文化庁宗務課専門職員を経て、現在、國學院大學神道文化学部教授(博士・宗教学) 。
    専 門・・・宗教学・宗教社会学
    研究領域・・・現代社会と宗教
    【著書】
    「銀座の神々―都市に溶け込む宗教」(新曜社 1994年)、「都市の年中行事─変容する日本人の心性」( 春秋社 1994年)、「データブック 現代日本人の宗教」(新曜社 1997年)、「戦後の社会変動と神社神道」(大明堂 1998年)、「手にとるように宗教がわかる本」(かんき出版 2002年)、「日本人の一年と一生 変わりゆく日本人の心性」(春秋社 2005年)、「結婚式 幸せを創る儀式」(日本放送出版協会 2005年)、「テレビと宗教 オウム以後を問い直す」(中公新社クラレ 2008年)、「プレステップ宗教学」(弘文堂 2010年)など。